2013年12月13日

近江牛すじのトマト煮スープ

愛菜館の中にある精肉店は
近江牛をお得なお値段で買えると評判です。

中でも、牛すじ肉は一般のすじ肉より
お肉の部分が多いので、それを目当てに
買いに来てくださるお客さまもいらっしゃいます。

中江和子さんのトマトと一緒に、
じっくりコトコト煮込んだ
近江牛すじのトマト煮スープをこしらえました。
IMG_6546.JPG
牛すじ 200g
玉ねぎ 小1個
トマト 大2〜3個
イタリアンパセリ 30g
にんにく 1片
塩糀または塩、ブラックペッパー 適宜

1.牛すじ肉は沸騰したお湯で1分ほど茹で水にとり
洗って汚れを取り除き食べやすい大きさに切る。
トマトと玉ねぎはざく切り、
イタリアンパセリとにんにくはみじん切りする。

2.オリーブオイルで玉ねぎ、にんにくを透き通るまで炒め、
イタリアンパセリ、トマトを加えざっと混ぜる。
牛すじ肉を加え、蓋をして20分ほど煮込む。

3.塩糀(または塩)とブラックペッパーで味付けし完成。



※お鍋はルクルーゼを使用しています。
玉ねぎとにんにくはよーく炒めるのがポイントです。
トマトの水分が少ないときは、お水とコンソメを加えてください。


by甘栗

posted by 愛菜館 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2013年12月10日

紅芯大根のサラダ

農薬不使用で栽培されている小林ファームさん。

手塩にかけられたお野菜たちは、
食べると素材の味が濃くどれもとってもおいしいのです。

小林ファームさんの紅芯大根は、
フルーツのように甘いので、ぜひ生で食べてみて下さい。

もりもりたくさん食べられる
ながおか農園のやわらかいレタスと一緒に、
華やかなサラダをこしらえてみました。

紅芯大根のサラダ
IMG_6539.JPG

紅芯大根
レタス

お好きな野菜
・わさび菜
・ベビーリーフ
・青梗菜
ベーコン
ゆで卵

レモン汁
天然塩
ブラックペッパー
バルサミコ酢


1.紅芯大根は薄切りし、レタスとわさび菜は
食べやすい大きさにちぎる。

2.器に1をもり、ゆで卵をのせ、
調味料を適宜ふりかけ完成。


パーティーでも話題になりそうな見た目も
華やかなサラダがあっという間に出来上がりますよ。



by甘栗


posted by 愛菜館 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2013年12月06日

キウイジャム

国産のキウイは生産量が多くないので、
見つけられたらラッキーです。

愛菜館にもキウイフルーツが入荷しました。
旬の期間は、ごくわずか。
期間限定の果物なのでお早目に、どうぞ。


本日はキウイを使ったジャム。
キウイジャムのつくりかた
IMG_6561.JPG

キウイフルーツ
てんさい糖または上白糖 
レモン汁
天然塩

1.キウイは皮をむき荒めに刻み、キウイの分量の1/3〜1/2の
てんさい糖を加えキウイから水分が出るまでしばらく置く。

2.鍋に入れとろ火で10分ほど煮る。
(アクが出たら丁寧にとる)

3.仕上げにレモン汁と天然塩を入れ、混ぜて完成。


by甘栗


posted by 愛菜館 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2013年12月03日

カブの肉巻き

カブは生で食べると、弱った胃や
食べ過ぎによる胃もたれ、胸やけなどに効果があるそう。

忘年会や新年会で胃も忙しいこの時期、
すすんで食べるようにしたい食材ですね。

今日は生の食感が残るカブの肉巻きをご紹介。

カブの肉巻き
IMG_6342.JPG

カブ
豚肉(しゃぶしゃぶ用バラまたはロース)
イタリアンパセリ
塩糀または天然塩
ブラックペッパー

1.カブは食べやすいくし型に切る。
豚肉は塩糀とブラックペッパーをまぶし30分ほどおく。

2.カブに豚肉を巻きつけ、巻き終わりを下にして
テフロン加工のフライパンに置き中火で焼く。

3.コロコロ転がし、お肉にまんべんなく火が通ったら、
器に盛りイタリアンパセリを散らす。


食べるときはお好みでカボスやレモンを絞ったり、
お醤油をかけてもおいしいです。


by甘栗


posted by 愛菜館 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2013年11月30日

さつまいもの米飴炊き

揚げ物はちょっと苦手
という方にも好評な、焼くタイプの大学芋です。

ほんわかする甘さの米飴を使用しています。
麦芽飴でも代用できます。


さつまいもの米飴炊き
IMG_3152.JPG

さつまいも 400〜500g
米飴 30g
お醤油 小さじ2
玄米酢 小さじ1
クルミ ひとにぎり

1.さつまいもは皮ごと乱切りし、
250℃のオーブンで15〜20分焼く。

2.クルミはフライパンで煎る。

3.鍋に米飴とお醤油を入れ、煮る。
鍋肌にくっついてきたら玄米酢を加え
1と2を入れまんべんなく飴を絡める。


甘さが足りないようでしたら、
はちみつを加えてください。


by甘栗

posted by 愛菜館 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2013年11月21日

ネギ味噌おむすび

お味噌は日本を代表する発酵食品のひとつです。

胃の粘膜を守り、腸内環境を整える効果も期待でき、
さらに女性にとってうれしいイソフラボンもたっぷりと含まれています。
(大豆製品ですからね)

おいしいお味噌汁をいただくと
「日本人でよかったなー」とほっこりした気分になりますが、
これもお味噌に含まれる『ビタミンB12』の働きによるものだとか。
造血作用を促し、神経の疲労を和らげる効果があるんだそう。

そんなお味噌をつかった一品をご紹介。
ネギ味噌おむすび
IMG_6417[1].JPG

おにぎり(玄米) 2個
お味噌 大さじ1
長ネギ 10pくらい
ゆず胡椒 適宜

1.みじん切りしたネギ、お味噌、ゆず胡椒を混ぜ、
 おにぎりの上に塗る。

2.トースター(またはオーブン)で焦げ目がつくまで焼く。

お味噌は愛菜館で販売している『近江一乃味噌』を使っています。
一年間熟成されたお味噌は、芳醇な香りとまろやかな味が特徴です。

北川店長は、アイスクリームと一緒に食べているとか。
ホントに?(気になる人は聞いてみましょー 笑)


by 甘栗




posted by 愛菜館 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2013年11月18日

シャドークイーンとタコのアヒージョ

愛菜館に新しいじゃがいもが仲間入り。
その名も『シャドークイーン』!!!

皮は黒く、中は鮮やかな紫色。
加熱してもしっかりと色は残るので、
スープやお菓子に、お料理の幅が広がります。

今回は、タコと一緒にオリーブオイルで煮込む
アヒージョをこしらえました。


シャドークイーンとタコのアヒージョ
IMG_6410.JPG
シャドークイーン 中1個
茹でタコ 
ジャンボにんにく 1個
オリーブオイル
天然塩
鷹の爪 1本
イタリアンパセリ


1.シャドークイーンは食べやすい大きさに切り蒸す。
 タコは乱切り、にんにくはみじん切りする。

2.テフロン加工の小さめのフライパン鍋に
 オリーブオイル、鷹の爪、にんにく、塩を入れ加熱、
 にんにくの色が変わったら、シャドークイーンとタコを加え、
 素材が煮えたらイタリアンパセリを散らす。

タコは加熱しすぎると固くなるので注意してください。
同じタイミングで出来上がるよう、シャドークイーンを先に蒸してます。


by甘栗



posted by 愛菜館 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2013年11月07日

お野菜たっぷりきび餅雑煮

愛菜館にて。
その日買えたらラッキーなものと言えば、
沢さんのおはぎ!

その日売っていたらラッキーなものと言えば、
沢さんのきび餅!!!

期間も個数も限定のきび餅が、
いよいよ今年も販売になりました。


きびと言えば雑穀の一種で、
白米よりもミネラルや食物繊維が豊富。
そのきびの入ったお餅で雑煮をこしらえました。


お野菜たっぷりきび餅雑煮
IMG_6325.JPG

きび餅 4〜6個
お好きな野菜  好きなだけ
(今回は大根、キャベツ、レンコン、人参、
紫芋、里芋、椎茸、大根の葉)
昆布 2p×5pくらい
塩糀(なければお塩) 適宜
お醤油 少々

1.昆布は細かくカットしておき、水に浸す。
きび餅はトースターで焼く。

2.ごま油で野菜を炒め、昆布と水を加え煮る。

3.野菜が煮えたら塩糀とお醤油で味を整える。
きび餅を加え入れ、ひと混ぜしたらできあがり。


お野菜は、いろんな種類を入れると、
彩りも良く栄養価も高まりますよ。


by甘栗

posted by 愛菜館 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2013年11月04日

大根葉とひじきの梅あえ

連日、愛菜館に冬野菜が大量に入荷しております!
キャベツ、白菜、大根、ブロッコリー…

その中から本日は、大根のお料理。
しかも、捨ててしまいがちな葉っぱを使った一品をご紹介します。

じつは、大根の葉は緑黄色野菜に分類されるほど、
ビタミンやミネラルが豊富な栄養価の高いお野菜なのです。

油で炒めるとより吸収率が高まりますよ。


大根葉とひじきの梅あえ
o0480064012733865579.jpg

大根葉 1/3本
乾燥ひじき(小さな芽ひじきがお勧め)10g
梅干 1個
醤油 小さじ1
すりごま 適宜

1.ひじきは水で戻しサッと煮る。
大根葉は1pに刻み塩もみする。
ボウルに細かく刻んだ梅干とお醤油を混ぜておく。

2.ごま油で水切りしたひじき、
塩もみした大根葉を炒める。

3.1のボウルに2を加え混ぜ、すりごまを散らす。


梅干は自家製の梅干を使ったため
(しょっぱいので)1個ですが、
お好みで増やしてもかまいません。

大根の葉だけでなく、カブの葉でもおいしいです。


by甘栗


posted by 愛菜館 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2013年10月30日

白菜と油揚げのサッと煮

白菜のおいしい季節になりました。

白菜のおいしさを活かしたお料理は、
ごくごくシンプルな調理で。

やさしい味付けに身も心もほっこりします。


白菜と油揚げのサッと煮
写真 (6).JPG

白菜 1/8切
油揚げ 1/2枚
お醤油 大さじ1と1/2
かつお節、ごま 適宜

1.白菜と油揚げは短冊切りし、
ごま油で炒める。

2.お水大さじ1とお醤油を加えフタをし、
白菜がしんなりしたら、器に盛り
かつお節とひねりごまをふりかける。

油揚げは、湯通しせずに使います。
少し厚めの油揚げがお勧めです。


by甘栗


posted by 愛菜館 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2013年10月27日

きのこと根菜の和風サラダ

食べ物はひとつの種類だけを食べるより、
数種類を組み合わせることでおいしさや、
体内への吸収率が高まります。

きのこのおいしい季節になったので、
根菜を合わせたサラダをこしらえました。

きのこと根菜の和風サラダ
写真 (5).JPG

きのこ(舞茸、しめじ) 1/3株
根菜(さつまいも、蓮根、ごぼう)中1/2
練りごま 小さじ2
豆乳 大さじ1〜2
お醤油、塩糀(または塩) 適宜


1.きのこは食べやすい大きさに切りごま油で炒める。
根菜はいちょう切り(ごぼうはささがき)し、蒸す。

2.ボウルに調味料を入れ混ぜ、1を加えてよく混ぜる。

3.器に盛り青さをふって完成。

きのこは種類が多いほうが、旨味が増しておいしいですよ。



by甘栗


posted by 愛菜館 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2013年10月23日

紫芋のしっとり蒸しパン

紫芋の鮮やかな色を活かしたおやつをこしらえました。
ほんのりラム酒を加えて大人な蒸しパンです。

紫芋のしっとり蒸しパン(6個分)
写真 (4).JPG

紫芋 中1/2個
ラムレーズン ひと握り
薄力粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ1/2
きび糖 25g

材料A
卵 1個
豆乳 60t
太白ごま油(白)大さじ1
ラム酒 小さじ1 

1.紫芋はサイコロ状にカットし、
粉類は合わせてふるう。

2.ボウルに材料Aを入れ混ぜ、ラムレーズン、
カットした紫芋、粉類を加えてよく混ぜる。

3.アルミカップに流しいれ、
蒸し器で13〜15分蒸す。

アルミカップはしっかりしたものがお勧めです。


by甘栗

posted by 愛菜館 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2013年10月21日

芋茎とごぼうのきんぴら

芋茎(ずいき)と言ってもたくさん種類がありますが、
今回は、さつま芋の茎をつかいました。

ごぼうやクルミを加えて、いつものきんぴらとは
少し違った食感が楽しめます。

豚肉も入れて、しっかりした味に仕上げております。


芋茎とごぼうのきんぴら
写真 (3).JPG
※お砂糖を使わないレシピです。


芋茎(さつま芋)ひと握り
サラダごぼう 中1本
豚こま切れ  手のひらにのっかるくらい
煮干し 5匹くらい
昆布  5pくらい
クルミ ひと握り
ごま  適宜
日本酒 大さじ2
お醤油 大さじ2


1.煮干しと昆布を細かくちぎりお水100tに浸しておく。
芋茎は酢水に1時間浸し2分ほど茹で食べやすい長さに切り、
サラダごぼうは5pほどの長さに千切りする。
砕いたクルミとゴマはフライパンの弱火で煎る。

2.ごま油で豚肉を炒め色が変わったら、
芋茎、ごぼうを加え炒め、1の出汁、お醤油、日本酒
を加え水分がなくなるまで炒める。
(強火で短時間で炒める)

3.クルミとゴマを加え混ぜ、完成。

お好みで七味唐辛子をかけてもおいしいです。



by甘栗




posted by 愛菜館 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2013年10月17日

かぶ混ぜごはん

カブの根の部分は生で食べると、
胸やけや胃もたれの解消・予防に効果があるそう。

そして、思わず捨ててしまいがちな
葉っぱのほうが栄養豊富だったりします。
葉は買ったその日にきざんで天然塩でまぶしておくと、
お味噌汁の具や浅漬けとして便利です。

今回は生のシャキシャキ感を活かした
カブの混ぜご飯です。

かぶごはん.jpg

ごはん(玄米、白米、黒豆)2膳分
かぶ 中1個
天然塩 ひとつまみ
すりごま 適宜

1.かぶは食べやすい大きさに切り、天然塩をまぶす。

2.かぶの水を切り、すりごまと一緒にご飯と混ぜる。

かぶの葉や茎も一緒に入れると彩り良くなります。
ちりめんじゃこを入れるとさらにおいしくなりますよ。


by甘栗

posted by 愛菜館 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2013年10月13日

混ぜるだけのカブマリネ

カブのおいしい季節がやってきました。

これからますます甘みが増すカブを使って、
簡単混ぜるだけのマリネをこしらえました。
マリネ.jpg
カブ 2個くらい
ミニトマト 5個くらい
玉ねぎ 小1/2個
万願寺とうがらし 2〜3本
イタリアンパセリ 刻んだものをひと握り
レンズ豆(缶詰) 適宜

1.玉ねぎは千切りし水にさらし、野菜はすべて
食べやすい大きさに切る。

2.玉ねぎの水気を切り、
ボウルに玄米酢と塩糀を1:1/2の割合で入れ、混ぜ、
すべての野菜と豆を加えざっくり混ぜたら完成。


※万願寺とうがらしは、ときおり辛いものがありますので、
ご注意ください。
種はすべてとっておいたほうが見た目がキレイです。

※お酢と塩糀は、商品によって濃さが違うので、
お好みの味付けで調整してください。


by甘栗

posted by 愛菜館 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2013年10月10日

紫芋の豆乳ポタージュ

木下登代美さんの紫芋は、
蒸しても紫の色がそのまま残るので、
お菓子作りやスープにピッタリです。

この紫色はポリフェノールの一種のアントシアニン。
強い抗酸化作用で知られていますが、
目の健康維持や肝機能を高める効果も期待できます。

今回は、豆乳と合わせてポタージュをこしらえました。
写真 (2).JPG
※スープの素を使わないレシピです。

紫芋 中1個
玉ねぎ 小1個
舞茸(他のキノコ類でもOK)ひと握り
ニンニク 1片
お水 適宜
無調整豆乳(または牛乳)
塩糀、黒コショウ 適宜

1.みじん切りしたニンニクと玉ねぎをオリーブオイルで炒め、
玉ねぎの色が変わったらみじん切りした舞茸を加え炒める。

2.皮をむき一口大に切った紫芋とひたひたの水を加え、
フタをして紫芋が柔らかくなるまで煮る。

3.豆乳を加え、ブレンダーで撹拌し、塩糀(または塩)、
黒コショウで味付けし、完成。

ブレンダーがない場合は、冷ましたスープをミキサーにかけ、
その後、味付けしても良いです。

ポイントは、ニンニクと玉ねぎを焦がさぬよう、よーく炒めること!

スープの飾りに、豆乳や生クリームをちょっと加えると、
紫の色がよりいっそう引き立ちますよ。


by甘栗

posted by 愛菜館 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2013年10月06日

タイ風春雨サラダ

いろんなお野菜がそろう愛菜館ならではのサラダをこしらえてみました。
クセのあるお野菜たちが、ケンカせず。
それぞれの味がおどろくほど引き立ちます。

ちょいピリ辛がおつまみにもピッタリ。
これを食べるとタイに行った気分になります♪(言いすぎですね 笑)

タイ風春雨サラダ
写真 (1).JPG

春雨(乾燥) 30g  
赤玉ねぎ(または玉ねぎ)半玉
(あまのじゃくさんの)きくらげ ひとつ
万願寺とうがらし(緑と赤)3本ずつくらい
イタリアンパセリ 適宜
セロリ 適宜
クレソン 適宜
バジル  適宜

ナンプラー 大さじ1
チリソース 大さじ1
きび砂糖 小さじ1
レモン(すだちやカボスでもOK)1/4個

1.春雨は熱湯で、きくらげは水で戻し食べやすい大きさに切る。

2.赤玉ねぎ(玉ねぎは水にさらす)はスライスし、
その他の野菜は食べやすい大きさに切る。
(イタリアンパセリは茎も使用します)

3.ボウルに調味料を含めたすべての材料を入れ、
よくかき混ぜて、完成。


by甘栗
posted by 愛菜館 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2013年10月03日

きくらげのアツアツごま油かけ

乾燥きのこの中で食物繊維とビタミンDの含有量が
トップクラスといわれている黒きくらげですが、
婦人科系疾患にも良いといわれているので、
特に女性にお勧めの食材です。

滋賀県の野洲市にある「あまのじゃく」さんのきくらげは、
水で戻すと驚くほど大きくなるので、
ちょっと得した気分になります。
(戻してもさほど変わらないきくらげもあるもんで)

今回は、サッとできるおつまみ系のきくらげ料理をご紹介します。

きくらげのアツアツごま油かけ
写真.JPG

きくらげ 2枚ほど
ネギ(みじん切り)1つかみくらい
ごま油  大さじ2
塩、お醤油 適宜
ブラックペッパー 適宜(多めのほうがおいしいです)

1.きくらげを水で戻し熱湯で1分ほど茹で
すぐに冷水で冷やし、水気をきり食べやすい大きさに切る。

2.ボウルに、きくらげ、ネギ、塩、お醤油、
ブラックペッパーを入れ混ぜ、
フライパンで熱したごま油を一気に加えよく混ぜる。
(ジュッという音がしたらOK)

3.お好みですりごまを加えたり、
ブラックペッパーのかわりに豆板醤を加えてもおいしいですよ。



by甘栗









R0013818.JPG

店長おススメ!!
posted by 愛菜館 at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2013年09月27日

サラダごぼううどん

ごぼうを水にさらすと茶色くなりますが、
実はこれ、抗酸化作用のあるポリフェノールの一種。

アクの少ないサラダごぼうは、タワシでさっと洗い
水にさらさず、すぐに調理できるのがうれしいですね。

野々村さんのサラダごぼうを使って、
塩糀と醤油だけのシンプルうどんをこしらえました。

サラダごぼううどん
IMG_5947[1].JPG

サラダごぼう 1本
白ネギ  1本
冷凍うどん 2玉
豚肉(塩糀漬け)ひと握り 
細ネギ 適宜
生姜 一片
塩糀、お醤油 適宜
カボス、わかめ、すりごま(お好みで)

1.みじん切りした生姜と斜め切りした白ネギを、
ゴマ油で香りが出るまで炒める。

2.食べやすい大きさに切った豚肉を加え炒め、
斜め切りしたサラダごぼうを加えサッと炒める。

3.お醤油を大さじ1加え、香りが出たらお水を加える。
煮立ったら冷凍うどんを加え塩糀で味を調整する。

細ネギをのせて完成ですが、
お好みでわかめ、カボスの皮(千切り)、
すりごまを加えるとさらにおいしいですよ。


by甘栗




愛菜館のサラダゴボウ生産者が変わりました。

野々村庄平さん⇒野々村喜平治さんへ
(兄)     (弟)


お兄さんがご高齢のため、弟さんがサラダゴボウ作りを
受け継ぎました。
といっても、喜平治さんも70数歳・・・。

がんばれ!!


by 店長









posted by 愛菜館 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2013年09月23日

ビーツの梅酢漬け

世界三大スープのひとつ、
ロシアのボルシチに欠かせないビーツ。

真っ赤な見た目が目を引くので、
個性的なサラダやスープにピッタリです。

ミネラルが豊富なビーツは、
貧血予防や抗酸化作用があるそう。
まさにアンチエイジングのための野菜ですね。


ビーツの梅酢漬け
IMG_5919[1].JPG

ビーツ 320g
お水 皮をむいたビーツと同じ量
梅酢 100t(※)
シナモン 1本
ローリエ 1枚
粒黒こしょう 適宜

1.ビーツは皮をむき食べやすい大きさにカットし、
煮沸消毒した瓶に入れる。
 (真っ赤なものもあるので色移りしないように注意してください)

2.ビーツ以外の材料を鍋に入れ、沸騰させ冷まし
ビーツの瓶に入れる。

3.冷蔵庫で保存し、2,3日したら食べごろです。
と書いておきながら、私は待てずに半日で食べ始めました(笑)

※梅酢は梅干しをつくったときに残った自家製梅酢を使用しています。
市販のものと味が違うので、梅酢の量はお好みで調整してくださいね。


by甘栗
posted by 愛菜館 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ