2014年06月04日

そら豆とじゃこのごはん

旬のときに食べておきたい豆ごはんシリーズ。
(勝手につくってみました 笑)
今回はそら豆のごはんです。

前回のグリンピースごはん同様、
そら豆のキレイな緑色を残したいので、
別に茹でて最後に加えます。


そら豆とじゃこのごはん
IMG_0424[1].JPG
そら豆 20個ほど
お米 2合
じゃこ ひとつかみ
昆布10p角 1枚
日本酒 大さじ1


1.そら豆をさやから出し、塩茹でし(1分半ほど)
ザルにあげて冷めたら皮をむく。

2.お米に昆布、日本酒、昆布、じゃこを入れ炊く。

3.炊き上がったご飯にそら豆を入れ、
つぶれないよう、ふっくら混ぜて完成。


食べるときに黒ゴマをふりかけてもおいしいですよ。

by 甘栗

posted by 愛菜館 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2014年06月03日

ズッキーニのミルフィーユ

イタリア料理に使われるズッキーニは、
意外にもお醤油との相性も良いです。

オリーブオイルで炒めておかか醤油で和える
シンプルな組み合わせが好きです。

愛菜館では、緑と黄色のズッキーニが売られていますので、
今回は彩りよくミルフィーユ仕立てにしてみました。

ズッキーニのミルフィーユ
IMG_0444[1].JPG
たまご型ズッキーニ(黄・緑)
かつお節
お醤油

1.ズッキーニを1pの厚さに切り、
オリーブオイルで両面焼く。

2.黄色、緑色それぞれのズッキーニを
交互に重ね、かつお節を削り盛る。

3.お醤油を上からちょろりと垂らして、完成。

※かつお節は削りたて、
お醤油は大豆、小麦、食塩でつくられた
水谷醤油さんの【生地なり】がおススメです。

by 甘栗

posted by 愛菜館 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2014年05月27日

アスパラの卵白あんかけ

愛菜館のアスパラガスは太い!と思うのです。

そこらへんで売っているものより太いので、
食べ応えがありますし、アスパラのおいしさが存分に味わえます。
(太いアスパラは数に限りがありますので、お早目に)

今回は、アスパラを使って、
あっさりあんかけをこしらえました。
お豆腐やご飯にかけても、おいしいですよ。


アスパラの卵白あんかけ
IMG_0429[1].JPG
アスパラ 3〜4本
玉ねぎ 1/2個
冷凍シーフードミックス お茶碗1杯分
卵の白身 1個分
にんにく 1片
片栗粉

1.アスパラはハカマをそぎ、皮が固いときはピーラーでむく。
玉ねぎはスライスし、にんにくはみじん切りする。

2.ごま油でにんにくを炒め、香りが出たらシーフードミックス、
アスパラ、玉ねぎを加え炒め、水(ひたひた)を加え煮る。

3.塩糀、ブラックペッパーで味を調え、
卵の白身を加えながら菜箸で勢いよくかき混ぜたあと、
水溶き片栗粉でとろみをつけ、できあがり。


by 甘栗


posted by 愛菜館 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2014年05月26日

ズッキーニとトマトのほったらかし煮

早くも愛菜館にズッキーニが並ぶようになりました。
ズッキーニは初夏から夏にかけてが旬。

形も丸いものから長細いものまでさまざま。
色も緑や黄色がありますので、お好みでお使いくださいね。

今回は、緑のズッキーニを使って、
トマトと一緒の煮込み料理をこしらえました。
お水は加えずトマトの水分だけで煮込みます。
材料を切って鍋に入れるだけの簡単料理ですので、
忙しい朝ごはんにもおススメです。

ズッキーニとトマトのほったらかし煮
IMG_0365[1].JPG
ズッキーニ たまご型1/2個
トマト 大1個
オレガノ(乾燥)ひとつまみ
ブイヨン 1個


1.ズッキーニは皮のまま食べやすい大きさに切る。
トマトはくし形に切る。

2.鍋に材料をすべて入れフタをし、10〜15分煮て、
天然塩、ブラックペッパーで味を調え完成。

※鍋はル・クルーゼを使用しています。


by 甘栗


posted by 愛菜館 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2014年05月25日

スナップえんどうとポテトのアンチョビ炒め

スナップえんどうは、さやごと食べられる
豆類の中でもめずらしい種類です。
甘みがあり、パリッとシャキッとした食感が楽しめます。

今回は、じゃがいもと一緒に
アンチョビ味で炒めた大人のおつまみです。

スナップえんどうとポテトのアンチョビ炒め
IMG_0417[1].JPG
スナップえんどう ひとつかみ
じゃがいも 中3個
アンチョビ 3匹くらい

1.スナップえんどうは筋をとる。
じゃがいもは皮付きのまま蒸す。

2.みじん切りにしたアンチョビを
オリーブオイルでサッと炒め、
スナップえんどうを加え炒める。

3.茹でたじゃがいもを加え全体を混ぜ、
ブラックペッパーと天然塩で味を調えできあがり。

※アンチョビはメーカーによって塩加減が違うので、
味見をしてお塩の加減をしてください。

by 甘栗


posted by 愛菜館 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2014年05月19日

トマトとなすの香味だれ

愛菜館にトマトがたくさん並ぶようになりました。
トマトの赤はリコピンの赤。
体の中にある活性酸素を消し去ってくれる効果があるそう。

効果的にリコピンをとるには、
油と一緒に食べることで吸収がぐんと良くなります。

今回は油で炒めたなすと一緒に
生姜を効かせた甘酢醤油でからめた一品です。
ビールにもあいますよ。

トマトとなすの香味だれ
IMG_0377[1].JPG

トマト 2個
なす  1本
スナップエンドウ 適宜
ねぎ  適宜
生姜  1片

A
醤油  大さじ2
酢   大さじ2
きび糖 大さじ1
生姜(みじん切り)小さじ1
ごま油 小さじ1

1.トマトはくし形に切り塩を振り水気を切る。
なすとスナップエンドウは乱切りし素揚げして塩を振り冷ます。
ねぎと生姜はみじん切りする。

2.ボウルにAの調味料を入れよく混ぜ、1の野菜を加え、
30分ほどマリネし、できあがり。

by 甘栗

posted by 愛菜館 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2014年05月13日

ふっくらグリンピースごはん

母のつくる豆ごはんと言えば、
グリンピースの入ったご飯でした。

子どものころはそんなに好きじゃなかったのに、
大人になると新緑を感じさせるこのグリンピースごはんが
懐かしく、大好きなごはんのひとつになりました。

しわしわになりやすい豆はご飯とは別に煮て
最後に加えることで色鮮やかな緑と
ふっくらとした食感が楽しめます。

ふっくらグリンピースごはん
IMG_0334[1].JPG
グリンピース 1袋
お米 2合
昆布(2×5p)1枚
天然塩 ひとつまみ

1.グリンピースはさやから出してさっと洗い、
お塩を加えた熱湯で2〜3分固めに茹で
冷めるまで鍋に入れたままにしておく。

2.昆布とお塩を加えご飯を炊く。

3.炊き上がったご飯に1を加え混ぜ、完成。

※保温時間が長いとグリンピースの色が変わるので、
食べきれないときはおにぎりにして冷凍すると良いですよ。

by甘栗

posted by 愛菜館 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2014年05月12日

ピリ辛きゅうり

愛菜館ではときおり、お!こんな大きなものが!
とビックリするお野菜が並んでいるときがあります。
お得感たっぷりなお野菜。
ホントに「ときおり」なので、出会えた方はラッキーですよ(笑)

さて、今回は中江和子さんのジャンボきゅうりを使った
ピリ辛の和え物のご紹介です。

ピリ辛きゅうり
IMG_0338[1].JPG
ジャンボきゅうり 1本
ごま油 大さじ1
豆板醤 小さじ1
塩糀 大さじ1
刻み海苔 適宜
いりごま 適宜

1.きゅうりは皮を1pずつ残しピーラーで縦にむき、
棒でたたき手で割くか、包丁で食べやすい大きさに切る。

2.ボウルにきゅうりを入れ、ごま油、豆板醤、塩糀の順に
加えそのつど混ぜる。

3.器に盛り刻み海苔、いりごまをふりかけて出来上がり。

※混ぜるときは手で混ぜると、まんべんなく混ざりますよ。

by甘栗

posted by 愛菜館 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2014年05月11日

ひじきときゅうりとトマトのサラダ

夏が近づくと食べたくなるこのサラダ。
酢の物がニガテな夫も食べてくれるのは、
にんにくと生姜を効かせたパンチある味だから、でしょうか。

トマトときゅうりがおいしい季節にぜひどうぞ。

ひじきときゅうりとトマトのサラダ
IMG_0336[1].JPG
乾燥ひじき ひとつかみ
きゅうり 1本
トマトまたはプチトマト 適宜
にんにく 1片
生姜   1片
日本酒
お酢
お醤油

1.ひじきはさっと洗い、30分ほど水につけて戻し
2分ほど茹でザルにあげておく。
きゅうりは薄切りし塩もみする。トマトはひと口大に切る。

2.ごま油をひいたフライパンでにんにく、生姜を炒め、
ひじきを加え混ぜたら、お酢、お醤油(1:1の割合)で味付ける。

3.味付けしたひじきを冷まし、
塩もみしたきゅうりとトマトを加え混ぜ、完成。

※調味料はメーカーによって味が違うので、
お好みの味に調整してください。


by 甘栗


posted by 愛菜館 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2014年04月26日

トーストサラダ

免疫力アップや代謝をよくする「酵素」は、
生野菜や果物の中に多く含まれています。

午前中は解毒する時間と言われているそうなので、
朝ごはんにサラダをもりもり食べるのがお勧めです。

今回はえぐみが少なく柔らかくてもりもり食べられる
長岡農園のバタビアレタスを使った
トーストサラダのご紹介です。

トーストサラダ
IMG_0185[1].JPG
バタビアレタス 
わさび菜
ベビーリーフ
にんじん
イタリアンパセリ などお好きな野菜を

お好きなパン
あれば フライドオニオン

1.パンをトーストしサイコロ状にカットする。

2.にんじんは千切りしオリーブオイルとお塩でもんでおく。
レタスとそのほかの野菜は手でちぎり、
お水につけてパリッとさせ水気を切る。

3.1と2を器に盛り付け、
マヨネーズ:豆乳:練りゴマを2:1:0.5の割合で混ぜ
ドレッシングを作りサラダにかけ、
フライドオニオンを上から散らし完成。

ドレッシングの酸味が足りないようでしたら、
お酢を少量加えてくださいね。

by 甘栗

posted by 愛菜館 at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2014年04月25日

簡単ザワークラウト

ザワークラウトと言えばドイツの保存食ですが、
つくるのに2週間くらいかかります。
発酵させなくちゃいけないからですね。

それまで待てないせっかちな私は(笑)
キャベツをたくさん食べられるのと、
ちょっと残ったキャベツを食べきるために
簡単ザワークラウトをつくります。

お漬物のかわりに、はたまた箸休めにお勧めです。

簡単ザワークラウト
IMG_0172[1].JPG
キャベツ
お塩
お酢

A カレー粉
  クミンシード
 ローリエ

B 梅シソ
  梅酢

※2種類のザワークラウトです

1.キャベツを千切りし、キャベツの量の2%のお塩をもみ込み
しんなりしてきたら水をよく絞る。

2.AとBそれぞれに1のキャベツを半量ずつ入れ混ぜ、
煮沸消毒した瓶に詰め、完成です。

by 甘栗

posted by 愛菜館 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2014年04月24日

たけのこときのこのガーリック炒め

愛菜館の店頭にたくさんのたけのこが並ぶようになりました。
今がまさに旬!

たけのこはあく抜きが面倒だなーと思いますが、
やってみたら意外と簡単。
糠がなくてもお米で代用できます。

あく抜きの仕方はネットで検索するとすぐ出てくるので、
割愛させていただくとして、
今回は茹でたたけのこを使った料理の紹介です。

たけのこご飯も食べ飽きた、というくらいに(笑)
にんにくを効かせたパンチのある炒め物はいかがでしょう。

たけのこときのこのガーリック炒め
IMG_0130[1].JPG
たけのこ
きのこ(しめじ、まいたけなど)
にんにく

1.たけのこを食べやすい大きさに切る。
フライパンにオリーブオイルを熱し、
みじん切りしたにんにくを炒める。

2.カットしたきのこ、たけのこの順に加え炒め、
お醤油、お塩、ブラックペッパーで味付けし完成。


パンにも合うおかずです。
きのこは色んな種類を入れると
味に深みが増して、よりおいしいですよ。

by 甘栗

posted by 愛菜館 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2014年04月18日

キャベツのモミモミ昆布和え

柔らかくてみずみずしい春キャベツは
生で食べるのがお勧めです。

今回は包丁もボウルも使わない
キャベツ料理のご紹介です。

ちぎって、モミモミするだけの簡単和えものは、
お子さまと一緒につくるといっそう楽しいですよ。

キャベツのモミモミ昆布和え
IMG_0147[1].JPG
キャベツ
塩昆布
ごま油
いりごま

1.キャベツは手で食べやすい大きさにちぎり、
ビニール袋に入れる。

2.ごま油を加え、モミモミする。
塩昆布を加え、モミモミする。
いりごまを加え、モミモミする。
(材料を加えたら、その都度もんでください)

※ごま油を先に混ぜることで水っぽくなりません。
味が薄いようでしたら、お塩を足してくださいね。


by 甘栗



posted by 愛菜館 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2014年04月17日

焦がし大根のお味噌汁

大根は古くから日本人に親しまれている野菜です。
生産量、消費量ともに日本が世界一なんだそう。
なるほど、大根を使う料理が多いのも納得です。

さて、今回は大根を使ったお味噌汁のご紹介です。
お出汁を加える前にごま油でお野菜を炒めることで
ぐんと旨味がアップしますよ。

焦がし大根のお味噌汁
IMG_0112[1].JPG
大根
にんじん
しめじ
ねぎ
(お野菜はお好きなものを)
お出汁
お味噌
ごま油

1.鍋にごま油を入れ大根を炒める。
(しばらくおいておくと焼き色がつきやすいです)

2.そのほかの野菜やきのこを加え炒め、
お出汁を入れ煮えたら火をとめお味噌を入れ溶かす。

※まるごといただくお出汁のつくりかた※
煮干し5匹、昆布2×5p、切り干し大根ひとつまみ
を手でちぎり、お水を入れ30分ほどひたしておく。
(前の晩から用意しておくとラクです)
すべての材料をお出汁として使います。

お出汁は、すべてまるごといただくとおいしいですよ。


by 甘栗

posted by 愛菜館 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2014年04月16日

リーキ(ポロねぎ)と鶏胸肉の煮込み

愛菜館に新しいお野菜が登場しました。
その名もリーキ(ポロねぎ)。

煮込むとトロリと柔らかいのに煮崩れしない特徴を生かし、
今回は鶏肉とたくさんのお野菜と一緒に煮込みました。

素材が美味しいと、ほったらかしてても
とってもおいしくできあがりますよ。
愛菜館のお野菜たちにはうってつけの料理です(笑)

リーキ(ポロねぎ)と鶏胸肉の煮込み
IMG_0139[1].JPG
リーキ 1本
新玉ねぎ 1個
にんじん 1本
長芋 10pくらい
鶏胸肉 1枚
菜の花
きのこ類
にんにく 1片
塩糀 適宜
ブラックペッパー 適宜


1.鶏胸肉は一口大に切り塩糀をまぶして10分くらいおく。
リーキと玉ねぎは輪切りにし
その他の野菜は食べやすい大きさに切る。

2.鍋にオリーブオイルを入れ熱し、
半分に切ったにんにくを入れ香りが出たら、
上記の材料を順番に鍋に重ねるように入れる。

3.フタをして弱火で30分ほど煮込む。
塩糀とブラックペッパーで味付けし出来上がり。


※STAUBの鍋を使用しています。

by 甘栗

posted by 愛菜館 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2014年04月15日

電子レンジで簡単いちごジャム

おいしいいちごがたくさん並ぶ季節になりました。
愛菜館では、章姫、紅ほっぺなどの品種が
多く並んでいます。

完熟したいちごは、とっても甘くておいしい!

そのままで食べるのがいちばんですが、
大事に食べようとして冷蔵庫にしまっていたら、
ついつい数個あまらせてしまう…
私はそんな経験が何度もあります(笑)


そんなとき、ほんの少しの量で、しかも
数分でつくれるいちごジャムが便利です。

水切りしたヨーグルトやトースト、
アイスクリームのおともにどうぞ。

電子レンジで簡単いちごジャム
IMG_0072[1].JPG

いちご 5個
てんさい糖またはきび糖 いちごの重さの半分
レモン汁 少々

1.いちごのヘタをとり耐熱容器に入れ、
てんさい糖を全体にまぶす。

2.いちごの水分でてんさい糖が少し溶けたら
ラップをせずに電子レンジで2〜3分加熱する。
(こぼれないよう様子をみながら)

3.レモン汁をかけ混ぜ、冷めたら完成。


いちごの形がそのまま残るつくりかたです。
気になる方は、2のときにいちごをつぶしてください。


by 甘栗

posted by 愛菜館 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2014年04月12日

ポロねぎのスープ

ポロねぎと言えば、フランス料理のイメージが強く、
お高い高級食材だと思っていましたが…

愛菜館にポロねぎ発見!
しかも日常買うお野菜と同じくらいの値段!

さっそくデトックス効果があると言われる
ポロねぎのスープをつくりました。

ちなみに、ポロねぎは長ねぎと違い
粘り気がなくねぎ臭さがありません。

煮くずれしにくいので、
スープのほかに炒め物やてんぷら、マリネにもおすすめです。


ポロねぎスープ
IMG_0142[1].JPG

ポロねぎ 1本

塩糀
イタリアンパセリ 少々
ブラックペッパー 少々

1.ポロねぎをザクザク切って、
かぶるくらいの水を加えフタをして20分ほど煮込む。
(緑の葉の部分も入れています)

2.ポロねぎが柔らかくなったら、
塩糀、ブラックペッパーで味付けし、
イタリアンパセリを散らす。


ポロねぎの甘さが感じられるスープです。

※ルクルーゼの鍋を使用しています。


by 甘栗

posted by 愛菜館 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2014年03月30日

お野菜たっぷりおから煮

おからは食物繊維が多くて体にも良いのはわかっているけど、
パサパサしてちょっと苦手、という方にもおすすめな
お野菜をたっぷり使ったおから煮のご紹介です。

お味噌入りでしっかり味付けしてあるので、
冷めてもおいしくいただけます。

お野菜たっぷりおから煮
o0480064012060651432.jpg

おから 200g
豚こま切れ肉 60g
ごぼう 1/3本
にんじん 1/3本
油揚げ 1/2枚
舞茸 適宜
ねぎ 適宜
こんにゃく 1/3枚
干し椎茸 1〜2枚
味噌
純米酒
かつお節

1.にんじんとごぼうはささがきし、
こんにゃくと油揚げ、戻した干し椎茸は細かく切り、
ねぎは斜め切りする。

2.塩糀に漬けておいた豚肉をごま油で炒め、お肉の色が変わったら、
ごぼう、人参を加えよーく炒め、おから、油揚げ、戻した干し椎茸、
出汁(お玉2杯くらい)、お味噌(大さじ2〜3)を加え煮る。
(野菜はあるものでOK)

3.弱火でゆっくり煮て、おからがポロポロになってきたら、
純米酒(大さじ2〜3)とかつお節を加え水分を飛ばして完成。

※途中味を見て薄かったらお味噌を足してくださいね。


by 甘栗

posted by 愛菜館 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2014年03月27日

イタリアンパセリのガパオ

ガパオと言えばタイで人気の料理です。

本来はバジルを使って作りますが、
今回はイタリアンパセリを使ったガパオのご紹介です。

イタリアンパセリのガパオ
IMG_7190[1].JPG
鶏むね肉 1枚
(重さの10%の塩糀をまぶす)
イタリアンパセリ
にんにく 1片
玉ねぎ 1/2個
ナンプラー 小さじ2
オイスターソース 大さじ2
卵 2個
レモン
玄米ごはん 2膳分

1.塩糀をまぶした胸肉を細かく切る。
にんにく、玉ねぎ、イタリアンパセリは
粗めのみじん切りにする。

2.フライパンに油をひき目玉焼きをつくったら取り出し、
そのままのフライパンににんにくを加え香りが出たら
胸肉を炒める。色が変わったら玉ねぎを加え炒める。

3.火が通ったらナンプラー、オイスターソースで味を調え、
イタリアンパセリを加えサッと炒める。
ごはんの横によそい、目玉焼きとレモンスライスを飾り完成。

※オイスターソースはメーカーによって味が違うので、
甘みが足りないときはお砂糖を足してください。

※食べるときはレモンを絞り、
たまごをつぶし全体をよく混ぜて食べるのがお勧めです。

by 甘栗



posted by 愛菜館 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2014年03月25日

れんこん豚バーグ

熱に強いれんこんのビタミンCは、
季節の変わり目に風邪をひきやすい人にお勧めです。

しかも、花粉症にも効果があるそうで、
愛菜館のマネージャーさんには
ぜひとも食べてもらいたい野菜です(笑)

今回はれんこんを使ったハンバーグのご紹介です。

れんこん豚バーグ
IMG_7163[1].JPG
れんこん 1節
豚こま切れ こぶしひとつ分
セロリ 適宜
ナツメグ 
ブラックペッパー
塩糀

1.れんこんはよく洗い皮付きのまま
半分すりおろし、半分みじん切りにする。
(皮が気になる方はむいてください)
セロリは葉も茎もみじん切りにする。

2.塩糀をまぶしておいた豚肉を
細かく刻み荒いミンチ状にし、
1とナツメグ、ブラックペッパー、
塩糀とよーく混ぜる。

3.2を食べやすい大きさに丸め、
フライパンで両面を焼いてできあがり。

しっかり味をつけてソースなしで
食べていただくのがお勧めです。

by 甘栗

posted by 愛菜館 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ