2013年09月23日

ビーツの梅酢漬け

世界三大スープのひとつ、
ロシアのボルシチに欠かせないビーツ。

真っ赤な見た目が目を引くので、
個性的なサラダやスープにピッタリです。

ミネラルが豊富なビーツは、
貧血予防や抗酸化作用があるそう。
まさにアンチエイジングのための野菜ですね。


ビーツの梅酢漬け
IMG_5919[1].JPG

ビーツ 320g
お水 皮をむいたビーツと同じ量
梅酢 100t(※)
シナモン 1本
ローリエ 1枚
粒黒こしょう 適宜

1.ビーツは皮をむき食べやすい大きさにカットし、
煮沸消毒した瓶に入れる。
 (真っ赤なものもあるので色移りしないように注意してください)

2.ビーツ以外の材料を鍋に入れ、沸騰させ冷まし
ビーツの瓶に入れる。

3.冷蔵庫で保存し、2,3日したら食べごろです。
と書いておきながら、私は待てずに半日で食べ始めました(笑)

※梅酢は梅干しをつくったときに残った自家製梅酢を使用しています。
市販のものと味が違うので、梅酢の量はお好みで調整してくださいね。


by甘栗
posted by 愛菜館 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76393436
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック