2013年09月22日

ルバーブジャム

中世ヨーロッパでは薬用と食用として
栽培されていたルバーブ。
食物繊維とビタミンCが豊富なので、
美肌に効果がある、と健康志向の女性の間で人気です。

りんごのような酸味とあんずのような香りが特徴的。
ふきに似ていますが、
お砂糖との相性が良いので、お菓子やジュース、
ジャムに使われることが多いです。



ルバーブジャム
IMG_5880[1].JPG

ルバーブ
きび糖 ルバーブの量の50〜80%の分量

1.ルバーブの茎だけを皮付きのまま1pくらいにカットし、
お鍋に入れ、きび糖をまぶして水分が出るまで置く。
(ルクルーゼを使用しています)

2.水分が出たルバーブを中火にかけ煮る。
アクが出たらその都度、丁寧にとる。

3.沸騰したら弱火にし、ルバーブの形が崩れてきたら
火を止めブレンダーで撹拌して完成。

※熱いうちに煮沸消毒した瓶に入れ、
冷めたら冷蔵庫で冷やしてください。

甘さ控えめの場合、傷みやすいのでお早めにお召し上がりください。

私のお勧めの食べ方は、
水切りヨーグルトにかけていただくこと。
ルバーブの酸味がたまりません。


by甘栗
posted by 愛菜館 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76307094
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック